海外FX XMのススメ

海外FX、XMの魅力や注意点、知っておくべき知識を大公開。時折雑記も。

新潟は長岡の大口れんこんが旬です。特にオススメはダルマれんこん

本日放送の青空レストランで紹介される大口れんこんについてです。

新潟県長岡市中之島大口地区は蓮根(レンコン)の産地

新潟といえば米の産地というイメージですが、長岡市中之島大口地区はその昔は石油や天然ガスが噴出し稲作には不向きな土壌でした。幸いにもその土壌が蓮根(レンコン)栽培に向いていることがわかり、以来新潟を代筆する蓮根(レンコン)の産地となりました。

大口蓮根の種類や特徴

早生品種「エノモト」と晩生品種「ダルマ」の2品種があります。
9月から3月までが出荷時期となっておりまさに今が旬です。

大口れんこんダルマ品種の特徴

肉厚でシャキシャキした歯ごたえがあります。大口れんこんの先端部は非常に柔らかいです。このやわらか芽レンコンはさっと茹でてサラダ等としていただくのが向いているそうです。
親蓮根は中は真っ白でまるで雪のよう。いとこ煮やメンチカツ等、もちろん和食の煮物にしても美味しいとのこと。

大口れんこんはブランド品

蓮根(レンコン)の栽培はどうしても泥の中に入っての作業となります。この寒い雪の時期でも生産者は冷たい田んぼの菜かで蓮根(レンコン)の収穫をしているのです。
90年以上をかけ生産者や組合が中心となりブランドとして確立された歴史があります。
青空レストランで紹介され、ますます人気となりそうです。
是非一度口にしたい食材です。

www.instagram.com