読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先読み情報局 -sakiyomi.tech-

トレンド情報先読みサイト -まもなく話題になるネタはコレ

集団行動の必要性と苦手を克服するために大切なこと

人生において集団で行動することは非常に多いですね。学校教育では当然のこと、会社に入っても集団の中でルールに従って生きていかなければなりません。これが出来なければ社会からはみ出てしまいます。

知らず知らずに集団のルールに従って我々は生きている

例えば電車乗降時の順番待ち、お店で入店や会計の順番待ちなど広義の意味でに集団行動に従って我々は生活しています。これを守らない人が出てくるとトラブルが起こってしまいます。順番抜かしで揉めている人達をみたことがありますよね?

社会のルールの一番の基本

みんなとは同じことしたくない。よく聞くフレーズですが、これをして良いのは他人に迷惑かけないというのが大前提です。まずは集団の中での生き方を学ぶことが不可欠です。

そういった意味で学校教育の集団行動は体育だけではなく、全教科、いや学校生活全般に渡って教えていくべき最重要項目であると言えます。

集団行動が苦手と思う理由

  • 体力的問題

体育の上での集団行動では、立ち続けたり走って移動したりするのでどうしても体力のない子供んは苦手意識が出てきてしまいます。

  • 精神的問題

指示に従うこと自体が嫌いという子供が少なからずいることは確かです。また、反復練習が嫌いという子もいるでしょう。授業中であろうが構わず自分のやりたいことをやるなど、他人に迷惑がかかっていることを自覚できない子もこのパターンです。

集団行動の苦手克服

理解できるまで集団行動の大切さを教えていくのは当たり前ことですが、教える側もある程度の工夫が必要です。子供は体力がない、集中力の持続時間が少ないのは分かりきったことですから、ゲーム性を取り入れてみたり、リーダーを順番で当て自主性を持たせることも良いでしょう。

まとめ

実際教えている方は本当に大変でしょう。集団行動が出来ず問題児になっている子も数多くいます。しかし見放したらそこで終わってしまうので、家族は教師のために、教師は家族ために手を取り合って教育していって欲しいものです。それが出来たら苦労しないんですけど。

教育者でもない人間の理想論でした。

関連記事
www.sakiyomi.tech

サイト登録 先読み情報局