先読み情報局 -sakiyomi.tech-

トレンド情報先読みサイト -まもなく話題になるネタはコレ

三重県桑名市出身の偉人DeNAランニングクラブの瀬古利彦監督(元マラソンランナー)について

三重県桑名市出身の元マラソンランナー瀬古利彦。マラソンランナーとして圧倒的な知名度を持った彼は現在DeNAランニングクラブの総監督。

名実ともに日本長距離界、マラソンブームを牽引してきた第一人者。
高校時代から本格的に陸上を始め、インターハイでは800m・1500mで二冠を達成。
名門早稲田大学へ進み、故中村清監督の元、ランナーとしての才能を開花。箱根駅伝では4年連続で「花の2区」を走り、3、4年次では区間新(当時)を獲得するなど、スーパーエースとして活躍した。
トラック競技においても日本記録を総ナメにし、25,000mと30,000mでは世界記録を樹立(当時)。
トラック・駅伝のみならず大学時代からマラソンで活躍し、現役時代は国内外のマラソンで戦績15戦10勝。圧倒的な強さを誇る。
鋭いラストスパートでライバルを引き離し、鮮やかにゴールする姿は日本国内だけではなく海外からも絶賛され、多くのファンがその走りに魅了された。
瀬古 利彦|DeNA Running Club [DeNAランニングクラブ/陸上部]

瀬古利彦DeNAランニングクラブ総監督

スポンサーリンク


瀬古利彦のマラソンランナーとしての輝かしい実績

中学までは野球をしており、強豪高校から誘いが来るほどの実力の持ち主だった。
陸上をを本格的に始めたのは高校から。三重県四日市工業高等学校出身。マラソンを始めたのは大学生。
中村清監督から「世界へ通じる人物になるなら、君はマラソンをやりなさい」と言われた。体力がなく最初の2年間はマラソンの練習は出来なかった。
日本マラソン史上最強と言われた瀬古利彦のキャリアのスタートが大学後期とは意外。

中村清監督の指導

石ころを持ち革靴を履いて歩き続けるという、過酷な練習であった。

初マラソンにて

国際大会での瀬古利彦の記録

1978年 福岡国際マラソン 優勝
1979年 福岡国際マラソン 優勝
1980年 福岡国際マラソン 優勝
1981年 ボストンマラソン 優勝
1983年 東京国際マラソン 優勝
1983年 福岡国際マラソン 優勝
1984年 ロサンゼルスオリンピック マラソン 日本代表
1986年 ロンドンマラソン 優勝
1986年 シカゴマラソン 優勝
1987年 ボストンマラソン 優勝
1988年 びわ湖毎日マラソン 優勝
1988年 ソウルオリンピックマラソン 日本代表
オリンピックでの入賞は無かったがラストの追い込みに魅了され当時は瀬古ファンが多数いた。

瀬古利彦の引退後

マラソンや駅伝の解説などをしているが、たびたび解説中の失言が問題になっているようだ。

010年の元旦に行われた「東京箱根間往復大学駅伝(通称箱根駅伝)」。箱根駅伝は幾つかの区に分かれているのですが、瀬古利彦は、マラソン解説中に「1区から4区は要らない」とトンデモ失言し問題になりました。瀬古利彦 嫁、家族の現在は?マラソン解説のトンデモ失言!マラソン成績、プロフィール!

福岡国際で川内優輝へのコメントは以下のとおり。

好勝負のように見えてレベルが低い。
だから、手に汗握らなかったよね。
(中略)しかし(川内の走りは)「何もんだ走法」だな。

僕は宗さんと並ぶと呼吸を消していた。
楽なように思われるためにね。

でもアイツはやかましい。まわりの空気も全部吸って、
並走ランナーの魂まで抜いちゃってる感じだよね。
今井や前田もド肝抜かれただろう。忍者よりすごいよ 
瀬古利彦は解説では川内に手厳しい!?しかし今では雪解けの兆しも…

スポンサーリンク



解説者としては問題発言があるようだが、指導者としてDeNAランニングクラブ総監督して長年実績を残している。
DeNAランニングクラブ全日本実業団対抗駅伝などで好成績を残している。

サイト登録 先読み情報局