読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先読み情報局 -sakiyomi.tech-

トレンド情報先読みサイト -まもなく話題になるネタはコレ

ピーター・ノーマン -白人がブラックパワー・サリュートを支持した結果-

ピーター・ジョージ・ノーマン:1942年6月15日にオーストラリアのメルボルンにて誕生。1968年メキシコオリンピック陸上男子200m銀メダル。2006年10月3日死去。表彰台に並んだジョン・カーロスとトミー・スミスが棺を持った。

この写真の意味するところは?
左からピーター・ノーマン(銀メダル)、トミー・スミス(金メダル)、ジョン・カーロス(銅メダル)

ピーター・ノーマン

出典:ダラスニュースThe Dallas Morning News - Olympics

アスリートとしてのピーター・ノーマン

メキシコオリンピック男子陸上200mで20.06秒というオーストラリア記録を出し、見事銀メダルに輝きました。次のミュンヘンオリンピックも選抜で出場資格を満たしメダル候補として出場・・・と思いきや代表から外されてしまいます。

ミュンヘンオリンピック代表除外の理由

冒頭で紹介した一枚の写真。ここにピーター・ノーマンが代表を外された理由が潜んでいます。写真で真ん中と右、トミー・スミスとジョン・カーロスは黒い手袋をして拳を突き上げています。

これは黒人公民権運動の象徴であるブラックパワー・サリュートと呼ばれる敬礼であり、非政治的な場であるオリンピックの場の最も注目を集める表彰台で、アメリカの政治へ批判を行なったことで、スタジアム内でそれを支持する黒人と白人の間に小競り合いが起き、また両選手は帰国後に脅迫や嫌がらせなどをひどい仕打ちを受けることになります。

ブラックパワー・サリュート

今でも黒人差別が根強いアメリカでありますが、メキシコオリンピック当時は公民権が認められるも黒人に対しての差別はひどいもので、リンチや暴行・住居への放火など頻繁に発生していました。メキシコオリンピック開催の1968年黒人公民権運動の中心であるキング牧師が暗殺されたことも、表彰台でにブラックパワー・サリュートと無関係ではなさそうです。

スポンサーリンク


写真ではトミー・スミスとジョン・カーロスの行為はわかるのですが、ピーター・ノーマンは何もしていないように見えます。しかし3人の胸に注目してみてください。白いバッジを3人ともつけています。これはOPHR(人権を求めるオリンピック・プロジェクト)のバッジで、ピーター・ノーマンも二人の黒人選手が表彰台で行う行為を事前に知り支持していたのです。

OPHR(人権を求めるオリンピック・プロジェクト)のバッジ
f:id:yamacan4077:20170125144203j:plain
出典:http://kathleencross.com/tag/ophr/

このバッジを付けたことでピーター・ノーマンは母国で激しい批判に晒されます。ご存知の通りオーストラリアは白人社会。少数民族の人権の尊重どころか隔離・迫害を行っていました。ピーター・ノーマンの行為は国策を否定する許されざる行為だったのです。この出来事が原因で代表を除外されることとなります。

2000年のシドニーオリンピックに招かれることもありませんでした。

ピーター・ノーマンのその後

ジョン・カーロスの回顧録において彼について述べています。ピーター・ノーマンはアルコールに溺れ、精神も弱り、家庭も崩壊したけど、トミー・スミスとジョン・カーロスに対して非難や否定を行わず二人との交流を続けたそうです。

一方法律上人種差別がなくなったアメリカでは、トミー・スミスとジョン・カーロスの二人は黒人の人権のために戦った英雄となります。サンノゼ州立大学には彼らの偉業を称え銅像が置かれることとなりました。

スポンサーリンク


トミー・スミスとジョン・カーロスの銅像

THIS DAY IN HISTORY: 5th June 1945

この銅像でピーター・ノーマンがいるべきところがあいています。これには裏話があり、サンノゼ州立大学側にピーターが断りを入れたそうです。ジョンが理由を電話で尋ねると、ピーターは答えました。

「二人を支持する人々が自分の替りに表彰台に立ち記念撮影をすることが望みであると。自分はブラックパワー・ソリュートを支持しただけで実際には二人の行為を行なっていないから。」

その後2006年ピーターは亡くなりました。このときトミー・スミスとジョン・カーロスが棺を抱えて同志の死を悼みました。

ピーター・ノーマンに対して政府は正式に謝罪

2012年になり、オーストラリア政府は1972年のミュンヘンオリンピックの代表から不当に外したこと等への謝罪を行ないました。死してようやくピーターは孤独から開放されました。正しい行いであったとようやく母国の社会から認められた瞬間でした。

それでも差別はなくならない

人間の心には差別というものは絶対に存在するはずです。しかしそれを表に出して相手を貶めることは絶対に許されません。権利においては平等でなくてはなりません。正しい行いを支持する社会でなくては。

スポンサーリンク



マット・ノーマン Salute(サリュート)

ピーター・ノーマンの甥であるマット・ノーマンは映画Salute(サリュート)で、ピーターのこの壮絶な人生を映画化しています。
Salute The Movie - A Matt Norman Film | Salute The Movie - Starring Peter Norman, Tommie Smith and John Carlos
ピーターの功績と生涯を描くことにより、人々の記憶からピーター達の戦いを後世に伝えています。なぜ白人がブラックパワー・サリュート(黒人公民権運動)を支持したのかも知ることが出来るようです。この映画は2009年にオーストラリアにて数々の賞を受賞しており、マットの想いは多くの人に伝わったでしょう。

関連記事
www.sakiyomi.tech

サイト登録 先読み情報局